日本の医療制度の考え方

日本の医療制度というものは、基本的な考え方としては、それなりに本人にも負担してもらう、というスタンスです。
つまり、七割は国が負担するが、三割は本人に負担してもらう、という考えで制度を実施しています。
言うまでもありませんが、これは国によって違いますから、あくまで日本のことであることを理解することです。
そんなに難しい話ではなく、要するに収入の多い人には多く負担してもらって、収入が低い人には少ない負担にする、という考えに基づいて実施しています。
但し、負担率に関しても違いはありませんから、注意することです。
何が違うのか、といいますと健康保険料が違うのです。
ですから、収入が多い人は毎月の健康保険料も高いのです。
収入がない人には徴収しないか、或いはごくごく少額を徴収することになっています。
三割負担はあくまで一般的な話であり、一割負担の人もいますし、完全に無料の人もいます。
普通は三割負担ですから、そのあたりはよく覚えておいて覚悟しておくことです。
但し、一ヶ月に特定額以上の医療費を払った場合、返還される制度もあります。
このように日本の医療制度というものはそれなりに進んでいるといえます。
元々は医療というのはかなり裕福な人にしか受けることのできないものだったのです。
特に幼児医療は国家プロジェクトとしてかなり良い制度を作りましたので、これは世界に誇るべきことであると言えます。
しかし、中にはさらに優れたところもあるのです。
医療費が完全に無料、というところも少なからずあるのです。
但し、そうしたところは医療水準がそんなに高くないので、医療費が無料でも大した治療を受けることができない場合があります。
ですから、世界的に見ても高水準である日本の医療技術を三割負担で受けることができるのは、非常に良いことであるとされます。
もちろん、既に医療費が国庫を圧迫していますから、何れは改革が必要であることは間違いないことです。